ありのまま愛される喜びと平安


林 恵美子
(東京メトロチャーチ牧師婦人)

 私は、両親がクリスチャンだったため小さい時から教会に通っていました。 けれども教会は好きではく、親に言われて仕方なく行っていたのです。 神様の存在は否定していたわけではなく、困った時や悲しいときは、 「神様、助けて下さい」とお祈りしていました。しかし私にとって神様は、 自分の都合の良いときだけ必要な存在でした。

 私には、2歳年上の仲の良い姉がいました。姉は勉強もスポーツも良くでき、 とてもきれいで、皆から愛される人でした。私は小さい時、そんな姉と比較しては、 自分は誰からも愛されていないのではないかという劣等感を持っていました。
 私が中学2年生のある日のことでした。ピアノの稽古の帰り道、 私と姉は踏切待ちをしながら、次の電車が行ったら走って帰ろうと約束をしていました。 電車が手前側を通過した直後でした。姉は遮断機が上がるのを待たずそこをくぐりました。 そして私の目の前で反対側からやってきた電車にはねられたのです。即死でした。姉の死後、私の家庭は一変しました。何の問題のない幸せな家庭は、大きな悲しみと 試練の中を通ることになりました。母は熱心なクリスチャンでしたが、持っていた聖書を 全部捨てて、「こんな試練を与えるような神ならばいらない」と言って、 教会から離れてしまいました。次第に家族も教会から遠ざかり、家はとても暗くなりました。

 私は心にぽっかり空いた穴を埋めようとして、勉強やスポーツに打ち込んだり、 遊んだりしましたが、だめでした。「あのとき、私が死んでいれば悲しむ人は少な かったんじゃないか」。こんな事も考えたりもしました。ある日私は、 帰宅が遅くなったことから母と激しい喧嘩をしました。その時、何のために生きているのだろう、 何故あの時私が死ななかったのだろう、そういう思いに苛まれて、部屋に入って声を上げて 泣きました。そして生まれて初めて心から神様に向かって祈りました。「私は小さい時から あなたのことを聞いていました。もし本当にあなたが生きているならば私を助けて下さい」。 すると私の心に一つの聖書の言葉が思い浮かんできました。イザヤ書の中の「わたくしの目には、 あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」という御言葉でした。
 私はずっと、スポーツや勉強ができたり、美しくないと人から愛されないのではないか と思っていました。でも、ありのままの私を神様は愛して下さっている。そう知った時、 心に喜びと平安が沸き上がってくるのを感じました。言葉ではうまく言えませんが、神様は 本当に生きておられる事がはっきり分かりました。
 それからの私は人が変わったようになりました。神様のことを黙っていられなくなり、 友達という友達に電話をかけて、イエス様のことを伝え始めました。学校でも電車の中でも 友達に会うと、神様の話をしました。
 このようなことがあってから、家族もだんだん変わってきて、父、母、弟、祖母が次々に 教会に戻り始めました。そして今では、神様のために生き生きと喜んで生きています。

 その後の私は、全世界の人に福音を伝えたいと願い、聖書学校に行く決心をしました。 母は、「私の人生の中で最も悲しいかったことは、あなたの姉を亡くしたこと。蛇のように 這って地をなめ尽くすような苦しみだった。けれども人生でもっとも誇りに思っていることは、 あなたがイエス様を多くの人に伝えること」と言ってくれました。
 聖書学校卒業後、私は主人と出会い、今こうして教会で神様を伝える働きをしています。
 神様は、私達家族が大きな試練を通ることを許されました。けれども、それ以上にすばらしい 祝福と恵みで包んで下さいました。その恵みを今も毎日のように体験できることを心から感謝しています。